別々のURLで対応するセパレートURL

手軽にスマートフォン対応を行う方法

スマートフォンの普及が進んでいる昨今、webサイト制作においてはスマートフォンへの対応が必須と言っても過言ではありません。
スマートフォンに対応しているのと、いないのではコンバージョンに大きな差が出るケースが多いと言えます。
余程、購買意欲やサイトへの興味が高い人であれば、パソコン向けのページをスマートフォンで閲覧していてもストレスを感じませんが、然程、購買意欲の無い方などは途中で離脱してしまうと言えるでしょう。
対応に向けては様々な手法がありますが、有効な手段の一つと言えるのが、別々のURLで対応するセパレートURLを駆使すると言う方法です。
高度な技術や専門知識をそこまで必要とせずに、実装が行えるのでリソースが限られている企業の方などには最適と言えます。

効果と注意すべきポイント

別々のURLで対応するセパレートURLとは対象となるコンテンツを別々のURL、別々のHTMLで配信をすると言うものです。
いわば力技とも言えますが、開発工数などを掛けずに行うには最も効率的な手段の一つと言えます。
パソコンユーザー、スマートフォンユーザーそれぞれに最適な形でコンテンツを配信出来るので、操作性、視認性共に高まると言えるでしょう。
操作性、視認性の向上が結果的にコンバージョン率の向上にも繋がるので、自社webサイトに課題を感じていたと言う方は要チェックです。
なお、実際の運用においては、同じ内容のコンテンツをパソコンとスマートフォンで二重に管理をする事になるので、メンテナンスや効果測定などには注意をしましょう。

web制作会社を選ぶ際には、制作実績や制作体制、見積もり金額などさまざまな要素を見る必要があります。