同一URLで出力ソースを変える動的配信

PC向けのサイトとスマホ向けのサイトを同一URLで運用

HTMLとCSSで静的なホームページを作成している人の中には、コンテンツは一緒だけどデザインが違う、PC向けのサイトとスマートフォン向けのサイトのURLを変えないといけないので困っているという人がいるかもしれません。しかし、CMSなどを使えば、同じURLにアクセスしても端末の違いをサイト側が認識して、出力するソースを変えて端末にあったデザインのサイトを表示するということが可能になります。
したがって、PC向けのサイトとスマホ向けのサイトを同じURLで運営したいという人は、静的なサイトではなく、CMSやブログを使って動的なサイトを作るといいでしょう。サイトのアドレスを一本化できれば、ユーザーにもメリットがあります。

CMSに組み込まれたプログラムで振り分けを行う

では、動的なサイトはどのようにしてアクセスしてきた端末を判断し、出力するソースを切り替えているのでしょうか。鍵となるのは端末のブラウザがサーバーに送信する情報です。この情報には、OS名やブラウザ名が含まれており、それらをCMSに組み込まれたプログラムが確認することにより、アクセスしてきたのかパソコンなのか、スマホなのかといったことがわかるのです。
そのあと、パソコンがアクセスしてきた場合はPC向けのデザイン設定がなされたスタイルシートを、スマホがアクセスしてきた場合はスマホ向けのデザイン設定がなされたスタイルシートを出力するという風にして、同一のURLなのに違うデザインで表示するということを可能にするのです。

自分で凝ったサイトを作ろうと思ったらそれなりの勉強期間が必要になりますが、そんな時はwebサイト制作をしている会社に依頼するととても便利です