同一ソースで対応するレスポンシブwebデザイン

手軽で手間がかかりません

web制作で考えるポイントとしては、やはりスマホとパソコンでの表示をどうするのかといった点が重要です。どちらも、同じ様に表示されることが好ましいと言えますが、画面の大きさや利用するブラウザといった違いがあるので、対応が必要になります。けれど、スマホ用とパソコン用、それぞれに対応したwebを制作すれば、当然、手間も時間もかかってしまいます。また、情報の更新や後から変更を加える際も、作業は2倍必要になってしまいます。そこで、お勧めなのがレスポンシブデザインの利用です。全ての閲覧者に同じ様にwebを表示させることが可能になるので、閲覧者によってwebから得られる情報が異なるといったことを防ぐことが出来ます。また、同一ソースでスマホにもパソコンにも対応出来るため、管理や修正といった点でも利用し易いと言えます。

表示エラーを減らせます

必要な情報を発信し、閲覧者に届けるために克服しなくてはいけないものの1つが、表示エラーです。せっかくwebを制作しても、閲覧者に見てもらえなければ意味がありません。そのためには、どのデバイスから閲覧しても、しっかりとwebが表示されるということが大前提となります。その点、レスポンシブデザインを使えば、どのデバイスに対しても同一のソースを利用するので、デバイス毎の表示エラーを減らすことが出来、とても便利です。ただし、ソースのサイズが大きくなればなるほど、webを表示した時に、読み込むための時間がかかる様になるので注意が必要です。特に、スペックの高くないスマホでは、データが膨大になると読み込みに負荷がかかりますので、パソコンで表示されることを基準とせずに、バランスを考えながら制作することが大切になります。

ホームページ作成をホームページ制作会社に依頼する場合、こちらの希望するデザインや構成、予算を明確にしておく必要があります。デザインの希望が特にない場合は、制作会社に相談に乗ってもらうことも可能です。