シンプルが良い?スマートフォンwebサイトのレイアウト

スマートフォンの画面は狭いことに注意!

一口にスマートフォンと言っても、機種によって画面の大きさは異なります。そこに共通点があるとすれば、基本的に画面幅は狭いものだということ。スマートフォンは片手で持って操作することをコンセプトに設計されているため、極端にサイズの大きい機種は存在しないはずです。スマートフォン向けのサイトレイアウトを行う際には、この点に留意して作業を進めていくようにしておきましょう。パソコンやタブレットのような、大きい画面幅の感覚でレイアウトを行っても、あまりうまくいきません。画面をいっぱいに使って複雑なレイアウトをするというよりは、近距離で眺めていても疲れない、シンプル系のレイアウトを目指せば失敗が少ないと思います。

スクロールの手間を減らして、シンプルな操作性に!

パソコンなどは横幅の大きさを活用してレイアウトができますが、スマートフォンの場合は、縦方向の流れを意識しながらレイアウトを考えることになります。なぜなら、小さな画面のなかに情報をまとめるのは至難の業であり、自然とスクロールの必要性が出てくるからです。できればサイトトップのほうにメニューを配置し、ページの各所へジャンプできるような仕組みを取り入れておくとよいでしょう。サイトの内容をシンプルにして読む人に負担をかけないことも大切ですが、操作性を単純にして利便性を上げることも、同じくらい重要なポイントです。延々と指を動かすことで閲覧者を疲れさせないように、レイアウトを工夫しながら、快適なサイト作りを心がけてみてください。